バイオリンパレットや商品へのクレーム内容等を隠さず公開します。

 ◆◆ お客様からいただいたお叱りのお言葉を公開します ◆◆
お叱りの声
 これまでにお客様からいただきました、私どもが至らなかった点、商品にご満足いただけなかったコメント、クレーム内容等につきましても、隠さず正直に公開いたします。
申し訳ございません 過去の失敗や力不足であったことへの反省として、私ども自身への強い戒めとして、より正しい販売スタイルを追求していくための課題として、なにより、お客様に安心と信頼をいただくために、当店ではあえて「お叱りの声」とその対応内容について公開すべきと考えました。

 「お叱り」だけでなく、様々なご相談についても掲載しました。当店の対応状況として、また、Q&Aとしてもご参考いただけるかと思います。

 なお、プライバシーの観点から、お客様を特定もしくは少しでも想定し得る内容につきましてはすべて割愛しています。また著作権の観点から、お客様からいただいたメール内容は原文のままとぜず、一部を修正させていただいています。

 こちらの目次からもページ内でジャンプできます。
▼音が出ない▼▼弦が切れた▼▼チューニングできない▼▼音がおかしい▼▼あご当ての構造について▼▼あご当ての塗料について▼▼ボディ表面の状態について▼▼ニスについて▼▼楽器内部の木屑とニス垂れ▼▼雑音について▼▼分数バイオリンのサイズについて▼▼注文した商品とは違うものが届いた▼▼お届けした商品の不足▼▼仕様が以前と違う▼▼仕様がHPと違う▼▼弦の仕様について▼▼駒の位置について▼▼ケースの初期不良▼▼ケースの臭いについて▼▼エレキバイオリンの作り(仕上げ)について▼▼付属の電池について▼▼f字孔あたりの浮き上がり▼▼指板の剥がれ▼▼弓が折れた▼▼当店の対応内容について▼▼配達時間帯指定について▼▼発送予定日の遅れについて▼▼糸巻きとエンドピンの調整について▼▼他店にて不良と言われた▼▼弓毛が2本切れていた▼

▼音が出ない▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 早速弾いてみようとしましたが、音が出ません。
 松脂を塗ろうとしたのですが、一向に弓につかず、弓毛の質が非常に悪いか、古いかではありませんでしょうか。
 楽しみにしていたのですが、残念です。
 返品もしくは交換をお願いしたく、できれば早急にお返事をお願いします。
 こういった「音が出ない」「弓に松脂を塗れない」といったご相談はよく頂戴します。新品の松脂表面はつるつるしていますし、しっかり塗るにはそれなりに時間もかかります。私どもスタッフ全員とも、初心者の頃は苦労した覚えがあります。誰もが乗り越える壁と言えるかもしれませんね。無事に音を出していただけるよう、私どもが責任を持って最後まで対応させていただきますので、ぜひとも遠慮なく当店へご相談ください。次の回答をさせていただきました。
 先日はお買い上げ誠にありがとうございました。
 無事に音を出していただけるまで、最後まで対応させていただきますのでご安心くださいませ。
 まずは状況について確認をさせてください。
 弓毛に松脂を塗りにくい場合には、松脂の表面に、サンドペーパーやカッターナイフ等で細かく傷を付け、その松脂の粉を弓毛に付けるイメージで塗っていただけます(松脂について)。
 ご指摘内容につきまして、毛のキューティクルは演奏によって落ちていくものですので、仮に古い毛であったとしても、松脂を塗ることに問題はございません。
 また、セット商品の付属弓の多くは、確かに決して良いものとは言えませんので、弓毛の質も比較的劣りますが、それでも馬毛と松脂の性質上、塗ることはもちろん可能ですのでご安心ください。
 ご希望どおりこちらで診させていただいても結構ですが、ご返送のお手間をお掛けしてしまう前に、今一度、松脂の表面を削っての塗布をお試しいただくことは可能でしょうか。
 やはり困難でしたら、当店にて松脂を塗らせていただきますので、その場合には遠慮なく申し付けください。お送り先等をご案内させていただきます。
 その後、無事に塗っていただくことができましたようで、安心いたしました。
 ご丁寧な返信ありがとうございました。
 その後、松脂の表面をもっと荒く削り、根気良く弓を動かしたところ、弓毛の表面に粉がついたようで、音も出ました。
 こちらの不手際で、お騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。
 これで娘も練習を始められます。ありがとうございました。
 また何かあった際は、よろしくお願いいたします。
 松脂をたくさん塗り込む作業が大変なのは、最初の一回目だけです。ご希望でしたら、当店にて塗ってから発送することもお受けしていますが、弓毛を張り替えるたびに必要となる作業です。今後有効となる作業ですので、ぜひチャレンジいただきたいと考えます。もしつまずきましたら、どうぞ遠慮なくご相談ください。
 当店のご案内が未熟なばかりに、ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。いずれは動画でのご説明など、より分かりやすいHP構成を目指して努力を続けていきたいと思います。
(このページの上へ)

▼弦が切れた▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 糸巻きを巻いたところ、その糸巻きが突然ぐるっと戻って弦が極端に緩み、それをまた巻いたらA線が切れました。
 せっかく楽しみにしていましたが、残念でなりません。
 どうすればよいのでしょうか。お返事お待ちしています。
 がっかりさせてしまい、申し訳ございません。こういった「弦が切れた」とのご相談もよくいただきます。これにつきましても上の内容と同じく、私どもスタッフ全員とも、初心者の頃はよく弦を切ってしまった覚えがあります。チューニング時に弦が切れたご経験をお持ちの方も多いと思います。チューニングもやはり、誰もが乗り越える壁と言えると思います。慣れていただけるよう、私どもがお役に立てれば幸いです。ただ、消耗品である弦が切れたことについての保証はなく、たいへん心苦しいのですが、次の回答をさせていただきました。
 初めて弦を切ってしまった時は、さぞ驚かれることとお気持ちお察しいたします。
 恐れ入りますが、低価格帯商品の初期弦(中国製ノーブランドのスチール弦)は音質だけでなく「耐久性」も大きく劣りまして、お取扱いに慣れていらっしゃらない特に初心者の方の場合には、すぐに切ってしまうこともあるかと思います。
 バイオリン糸巻きの仕組み上、中へギュッと押し込まないで回せば、ぐるっと一気に緩むことがございまして、そして、弦が重なった状態で巻いたり、急に巻いたりすることにより、弦が簡単に切れてしまうことがございます。
 残念ながら、切れた弦はもう使うことができませんので、弦を交換いただく必要がございます。
 以上の内容につきまして、こちらに詳しくご案内していますので、ご覧いただければ幸いです。
 「弦について」「チューニング方法」「糸巻きについて」「すぐに弦が切れたのですが?
 弦だけでも決して安いものではございませんので、本当にお気持ちお察しいたします。こういったご相談をいただくたびに心がとても痛みます。HP各所にしつこいほどご案内して恐縮ですが、予備弦を常にご用意いただくことを強くおすすめします。上質な弦をお使いいただくことが理想ですが、少しでもお客様のご負担を減らすべく、練習用として低価格帯の弦も取り扱っています。そういった選び方も含めて「弦について」をぜひともご参考ください。
(このページの上へ)

▼チューニングできない▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 届いたバイオリンをチューニングしていますが、どうしても音が合いません。
 一つの弦の音程が合ったと思って、次の弦をチューニングしているうちに、もうさっきの弦の音が下がっているといった始末です。
 これでちゃんと調整されたバイオリンと言えるのでしょうか。
 ご回答よろしくお願いします。
 ご心配をお掛けしてしまい、申し訳ございません。はじめはまず戸惑われるお気持ち、重々承知しています。次の回答をさせていただきました。
 不審に思われるお気持ち、よく分かります。
 バイオリンのチューニングとは、まさにそういった性質がございますので、どうぞご心配なさらないでください。
 まずは、音程が下がる原因をご案内します。
 例えば、フォークギターを調弦する際、一つの弦の音を高くしても他の弦の高さはあまり変わりませんが、バイオリンは浮いているテールピース部分の構造上、一つの弦の音程を変えると、他の弦の張力が弱まることにより、音程が変わるのです。
 更に、新しい弦のうちは、張力が安定するまで、ある程度伸びるために、ゆっくりと音程が下がっていくのです。
 更に更に、糸巻きに巻きつけた弦が徐々に強く締め付けられていくことによって音程が下がっていくのです。
 更に更に更に、テールガット(テールピースを止めている紐状のもの)もある程度伸びることにより音程が下がっていくのです。
 このように様々な原因によって、新品のうちは音程が下がりやすいのですが、張力が落ち着くまで、何度もチューニングを繰り返します。
 次第に音程は安定していきますので、どうぞご安心ください。
 より詳しくは、「チューニング方法」をご参考いただけます。
 チューニングは演奏のたびに必要で、初心者にとってまず最初にぶつかる壁と言ってよいでしょう。ちょっとしたコツもあり、慣れたら簡単ですので、がんばってチャレンジして下さい。そのための応援やお手伝いは惜しみませんので、ぜひとも力添えをさせてください。
 びっくりするほど早いお返事ありがとうございます。
 お教えいただいたページを参考に、無事にチューニングすることができました。
 勉強になりました。がんばって練習します。
 ありがとうございました。
(このページの上へ)

▼音がおかしい▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 弾いてみましたが、のこぎりのような音しか出ません。
 私はバイオリン教室にも通っていますので、弾き方に問題はないと思うのですが…。
 教室で借りているバイオリンでは、すんなりと音が出ますので、松脂の問題でもないと思います。
 視聴コーナーで聞いた音とは全く違い、とてもショックを受けています。
 返品したいと思いメールさせていただきました。
 ご満足いただけずに申し訳ございません。試聴コーナーに使用した楽器にはもちろん決して偽りはございませんが、詳しい状況をお聞かせいただきたく、次の回答をさせていただきました。
 「のこぎりのような音」についての理解が困難ではありますが、現時点で想定できることをご案内させていただきます。
 現時点でご指摘いただいている内容に対して、考えられる原因は、
・松脂の不足
・松脂の塗りすぎ
・ボーイングによる問題
・一般的な弦よりも細い初期弦の性質上、弓毛が滑りやすい
といったことが挙げられます。
 例えば、正しいボーイングではかすれたような音しか出ず、また、強い圧力を掛けて弾くと「ギギギー」とといった音がようやく出るといった場合には、松脂の不足が原因です。
 例えば、逆に松脂を塗りすぎた場合には、正しいボーイングで演奏しても「ガリガリ」とした音が出やすくなります。
 このように、やはり松脂の原因が考えられますがいかがでしょうか(「弓について」「松脂について」参照)。
 すでにご経験もおありのようですので、少なくとも、これまでお使いの弓で演奏いただければ、かつ、正しいボーイングで演奏いただければ、必ず正常に音が出るはずですので、ぜひお試しください。
 レッスンを受けられていらっしゃるようですので、先生に弾いていただいても正常に音が出ることをご確認いただけるかと存じます。
 原因を特定するためにも、以上あらためてのご確認をお願いできませんでしょうか。
 困難でしたら、こちらで診させていただいても結構ですし、もし商品の不具合が確認されましたら、謹んで返品をお受けさせていただきます。
 それでは、こちらで診させていただくための流れを詳しくご案内いたします。
(以下省略)
 その後お返事をいただけませんでしたが、無事にお使いいただけていることを願います。当店では、問題の解決に向けて、決して投げ出さず、必ず最後までお付き合いさせていただきたく思っております。どうぞ遠慮なく何度でもご相談ください。末永くお役に立てれば幸いです。
(このページの上へ)

▼あご当ての構造について▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 昨日、あご当てが外れてしまいました。
 直そうとしてよく見ると、ネジ穴が大きくなってしまったため、あご当てが外れたようです。そのためネジを回しても、はめることができません。
 今まで、あご当てをいじったことはありませんので、品質の問題かと思われます。
 あご当てがないと練習もできませんし、来週の○○にはレッスンもありますので、迅速なご対応を宜しくお願いいたします。
 突然あご当てが外れてしまったら、さぞ驚かれることとお気持ちお察しいたします。誤解されていらっしゃることの可能性も踏まえ、あご当ての構造についての説明を中心に、次の回答をさせていただきました。
 対応はもちろんさせていただきますのでご安心ください(アフターサービス)。
 まずはあご当てについての説明と、症状について確認をさせてください。
 「あご当てについて」にも詳しくご案内していますが、あご当ての性質上、金具部分をあえて弱い力で固定するよう調節していますので、バイオリンを使用することにより、あご当ての固定が緩んでくることがあります。
 固定が緩むと当然ながら、あご当ての位置がずれたり、外れることもございます。
 固定が緩んだ場合には、「あご当てについて」にご案内するように、ネジを締めて再度固定するものでございます。

 「ネジ穴が大きくなっている」とのことですが、その「ネジ」とは、あご当て木材部分に刺さっている「金具のネジ」部分をご指摘いただいていますでしょうか。
 この部分は、実際に木ネジとして刺さっているわけではなく、滑り止めとして金具部分にネジ山が切ってあるだけです。
 そのため、この部分が一旦抜けると、木材側の穴が大きく感じられるかもしれませんが、木材側にネジ山が切ってあるわけではなく、それで正常ですのでご安心ください。

 もしくは、金具に二つ付いている、縦長のネジのことをご指摘いただいていますでしょうか。
 この「二つの縦長ネジ」をそれぞれ回すことにより、あご当てを楽器に固定することができます。
 縦長ネジには両端にネジ穴がございますので、合計4箇所のネジ穴がございます。
 「ネジ穴が大きくなっている」とございますが、4箇所のうちの1箇所のみでしょうか。
 縦長ネジは構造上、上側(木材側)が通常回転のネジですが、下側は逆ネジになっていまして、更には、上側と下側を逆に締めようとしてもネジは入っていきません。
 それをご確認の上、再度お試しいただけませんでしょうか。

 その後お返事はいただけませんでしたが、うまく固定できたことを願います。あご当ての構造について、基本的に単純ではあるものの、誤解を招きやすい構造と言えるかもしれませんね。このあたりも深く反省し、一層HPの充実を努力していきたいと考えます。
(このページの上へ)

▼あご当ての塗料について▼
 人気商品のバイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 チューニングもでき、音色も特に問題はなかったのですが、演奏後に首が黒くなって驚きました。
 普通に首を拭いたぐらいでは落ちないのです。
 その後何度か試してみましたが、どうやらあご当てが「色落ち」しているようです。
 演奏時間は15分程度で、特に汗をかいたりしたわけではありません。
 バイオリンパレット様の見解をお聞かせ下さい。
 誠に申し訳ございません。黒く染められるあご当ての性質上による原因ですが、次の回答をさせていただきました。
 誠に恐縮でございます。詳しくご案内させていただきます。
 お買い上げいただきました商品のあご当ては、エボニー材のあご当てを採用しています。
 エボニー材の指板にも同じことが言えますが、天然木材「エボニー」は実際には真っ黒ではなく、部位により白木に見えることすらもございます。
 同じエボニー材であっても、木材の密度や繊維の状態だけでなく、そういった色合いなどにもよって、材料コストは大きく変化いたします。
 低価格帯商品の多くは、コストダウンのために上質なエボニー材を使用することができず、結果、外観を整えるために成形後には表面を黒く染められます。
 染料ですので、速乾性は無く、完全に定着するには長期の時間を要します。
 そのため、商品が新品であり、特に製造後間もないあご当てや指板は、その黒い塗料が首や指に付きやすい状態となってしまうのです。
 決して、触る程度で塗料が付いてしまうレベルではございませんが、クロスなどで強く擦っていただければ、やはりクロスに黒い塗料が付くことをご確認いただけます。
 同様に、首や指にも付いてしまうのです。
 指については演奏後に洗い流していただくしかありませんが、首についてはそういうわけにもいきません。
 気になるようでしたら、しばらくはあご当ての上に、汚れてもいいハンカチなど何らかの布を敷いて楽器を構えていただくことをおすすめします。
 なお、こういった塗料の付着は、本商品に限らず言えることであり、また、長くお使いいただくうちに、次第に収まってまいりますのでご安心ください。
 恐れ入りますがご容赦いただきたくお願い申し上げます。
 本件につきまして、もしご納得いただけないようでしたら、塗料の付着の心配がない、プラスチック材のあご当てを差し上げても結構でございますので、ご希望でしたら申し付けください(ただしあご当ての若干形状が異なりますのでご了承ください)。
 以上のお願いをさせていただきましたが、私どもの説明と対応内容が至らず、ご納得いただくことができませんでした。申し訳ございません。
 理由は解かりましたが、納得はしかねます。
 まるであご鬚が生えたかのごとく、色濃く付くのですが、同型のバイオリンは全てそうなのでしょうか?
 だとすれば、最低でも、首にあご当ての色が付着してしまう注意書きを添えるべきではないでしょうか?
 当方としましては、色が定着した同型のあご当てとの交換を希望します。
 ごもっともです。深く反省しました。貴重なご意見ありがとうございます。お客様のご意向に応じ、臨機応変な対応をさせていただくべく、次の提案をさせていただきました。
 エボニーパーツが肌に触れることで塗料が付着することは、お買い上げいただきました商品に限らず、製造後早期にお客様からお買い上げいただく人気商品の傾向とも言えます。
 これまでに数万台のバイオリンを販売してまいりましたが、やはりそういったお問い合わせを何度か頂戴した経験がございます。
 付着の原因を説明させていただくことにより、これまではたまたま皆様ともご理解をいただいてまいりましたので、「注意書き」の必要性を感じてこなかったのが正直なところです。
 しかしながら、○○様からいただいた今回のご指摘を真摯に受け止め、本件を深く反省し、注意書きの表記についても今後検討させていただきたく存じます。
 貴重なご意見ありがとうございました。
 さて、付着の度合いには個人差もあると思いますが、付着の心配が無いプラスチック製のあご当てでは残念ながらご納得いただけないようですので、今回の対処方法を訂正させていただきます。
 代替のエボニー材のあご当てを用意させていただきます。
 製造後長期間経過しているもの、かつ形状等が似ているものを探し、また、付着について念入りに調べ、できるだけ塗料が定着しているものを用意いたします。
 ただし、未使用のエボニーあご当ての性質上、肌への塗料付着の可能性が「ゼロ」のものは存在しませんので何卒ご了承くださいませ。
 代替のあご当てのみを明日追加発送させていただきます。
 あご当ての交換方法については、「あご当てについて」をご参考ください。
 現在装着されているあご当てについては、交換後こちらへ返却いただかなくて結構ですので、予備としてお持ちいただくか、そちらで廃棄いただきますようお願い申し上げます。
 この提案内容でご納得いただくことができました。当店では、トラブルなどに対して、決してマニュアルどおりの冷たい対応とならないよう、臨機応変にさせていただくことを心掛け、また必ず最後までじっくりとご相談させていただきますので、どうぞ遠慮なく申し付けください。むしろ、お叱りやご要望をおっしゃっていただくことが、バイオリンパレットの成長に欠かせませんので、ぜひお願いしたいと思っています。
 早急な対応ありがとうございます。
 ご提示いただいた内容で了解いたしました。
 自分で取り替えてみます。
(このページの上へ)

▼ボディ表面の状態について▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 「お気づきの点はお問い合わせください」とのことでしたので、遠慮なく質問させていただきます。
 裏板に黒いものが付いています。
 黒いマジックや墨汁がちょんと付いたような、ほんの小さいものですが、どうにも気になってしまいます。
 塗装の内部ですので、拭いてもとれません。
 御社が返品交換特約でも記載している「塗装むら、微細なキズ、補修跡」についてはさほど気になりませんが、この黒いものが気になります。
 塗装時のミスでできたようなものでしたら、交換してもらいたいのですがいかがでしょうか。
 誠に申し訳ございません。マジックや墨汁などではございませんのでご安心ください。恐縮ですが、次の回答をさせていただきました。
 ご指摘いただいた黒い箇所は、脂壷など自然に発生する「樹脂」でございますのでご安心ください。
 天然材料を使用しているバイオリンの宿命とも言えますが、無垢の木材にはこのような現象も起こり得ます。
 木目、虎杢、節なども含めて、一台一台のバイオリンの個性であり、無垢の木材の味わいとご理解いただければ幸いですが、何卒ご容赦いただけませんでしょうか。
 以下のようにご納得をいただけました。本当にありがとうございます。
 なるほど「樹脂」なのですね。
 それを聞いて安心しました。これでもう気になることはありません。質問してよかったです。
 またパレットさんを利用させていただきますので、よろしくお願いします。
 はじめからご心配をお掛けしないよう、当店の現状を反省し、こういった無垢の木材を使用しているバイオリンについて、きちんとお伝えできるHPを目指して、今後も努力を続けてまいります。
(このページの上へ)

▼ニスについて▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 早速バイオリンを弾いてみましたが、本体に「肩当の足で挟んだ跡」が残ってしまいました。
 新しい楽器なのでニスがまだ柔らかいことは予想していましたし、肩当を長時間つけたままでいたり、楽器を長期間ケースに入れたままにしていると、何らかの跡がつく可能性は考えていたのですが、ほんの20分ほどの演奏で跡が残ることは考えておらず、自分の思慮不足に落ち込んでおります。
 とはいえ、私の技術では肩当無しで演奏が困難であり、これからも跡がつくことを心配しています。
 そこで、アドバイスをいただきたいのですが、ついてしまった「肩当の足で挟んだ跡」を目立たなくすることはできますか?
 もしくは、跡を付けずに肩当を装着する方法はありませんか。
 それとも、諦めるしかないのでしょうか……。
 初心者コラムの「ニスについて」を拝読しましたが、分からなかったのでメールさせていただきました。
 くだらない質問で申し訳ありません!
 お手数ですが、アドバイスいただけると幸いです。
 ご丁寧なご相談ありがとうございます。せっかくお買い上げいただいたバイオリンがすぐにそういったことになれば、さぞショックを受けられることと、本当にお気持ちお察しいたします。次の回答をさせていただきました。
 なお、このバイオリンは、上質なニスが塗られている10万円以上の機種です。
 誠に恐縮でございます。
 新品の場合、特に温度や湿度が高くなるこの時期からは、ニスが非常に溶けやすい状態となります。
 柔らかい良質なニスの性質上、避けられないことでもありまして、本商品も例外ではございません。
 驚かれるかもしれませんが、良質なヨーロッパ新作高級楽器では、吊るしておくだけでニスが垂れてくることすらも珍しくありません。
 本商品はそこまででは無いものの、楽器をギュッと挟み込む肩当を装着した場合には、おっしゃるように短時間でも肩当の足の痕跡が付いてしまうでしょう。
 残念ながら、ニスとはそういったものであり、仕方の無いことでありますが、気候が涼しくなってきた頃にでも、簡易的なニス補修でしたら無償にてさせていただきます。
 また秋が深くなってきた頃にでも遠慮なくご相談いただければと存じます。
 それまでは恐れ入りますが、できるだけ高温多湿の環境を避け、吊るしての保管もご検討いただきたくお願い申し上げます。
 本商品に限らず、上質なバイオリンすべてに言えることですので、高温多湿時期の管理には十分にお気を付けください。
 丁寧なお返事をいただき、ありがとうございました。
 やはり肩当をつけただけでも、跡はついてしまうものなのですね。
 そういうものと諦めて、練習を続けたいと思います。
 分かりやすいご説明をいただき、ありがとうございました。
 アドバイスいただいたとおりに、しばらくは吊るして保管するようにします。
 「簡易的なニス補修を無償で」とのこと、お気遣いありがとうございます。
 時期が来て、補修を本当にお願いすることになりましたら、その時はよろしくお願いいたします。
 購入後の質問にまで丁寧にお答えくださり、ありがとうございました。
 こちらこそ、最後までご丁寧にご相談いただきありがとうございました。たいへん優しくご相談いただいた内容でしたが、決して驕らず重く受け止め、どうすればお客様にこういったご心配をお掛けしないようにできるか、追求していきたいと考えます。
(このページの上へ)

▼楽器内部の木屑とニス垂れ▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 初めて買ったバイオリンでレッスンをスタートしました。
 しかし本日、先生が「内部にゴミがある」と教えてくださり、帰宅してから取り除こうと中を覗いてみると、まるで血痕のような染みを発見しました。
 せっかく購入し、バイオリンを手にした喜びも半減しております。
 もし汚れや染みでしたら、交換していただきたいのですが。
 写真を添付しますので、ご返信よろしくお願いします。
 血痕だと思われさぞ驚かれたこととお気持ちお察しいたします。誠に申し訳ございませんでした。次の回答をさせていただきました。
 ゴミにつきましては、具体的にどのようなゴミでしたでしょうか。
 例えば、新品の手工バイオリンでは、しばらく小さな木屑がボディ内に出てくることがございますが、これは製作の際、材料を削るときに残るものです。
 製作工房では、完成後にエアーコンプレッサーにより内部の木屑や埃や塵を吹き飛ばして取り除きますが、一部が引っ掛かっている木屑が残り、それが輸送時や使用による振動で取れることがあります。
 そして当店での楽器調整時においても、そういったものを取り除いてから発送いたしておりますが、どうしても後から出てくることがあるのです。
 対処といたしましては、その都度、バイオリンを裏向きにし、軽く振ったり、つまようじやピンセットなどを用いて掻き出ていただければ、f字孔から取り除くことができます。
 また、今後お使いいただく上で、埃などがf字孔から入り込みますが、なかなか取り除くことができない埃は、"米つぶ"が有効です。
 米つぶ一握りくらいをf字孔から入れてよく振った後、米つぶと一緒に取り出すと、きれいに掃除することができます。
 なおその際には、米つぶの中に虫がいないか、十分にご注意くださいませ。

 染みにつきましては、もちろん決して「血痕」ではございませんのでご安心ください。
 バイオリンの製造工程上、組み立て後にニスを何度も塗ります。
 バイオリンを水平にした状態で、f字孔付近にニスをハケで塗る作業をご想像いただければお分かりいただけると思いますが、そのため、どうしてもf字孔からニスがハケから飛び散り、ボディ内面に付着するのです。
 本商品は手工品のため、手作業で何度もニスが塗られます。
 付着状態にはもちろん個体差はございますが、ニス仕上げが手塗りのバイオリンについて、その付着は仕方の無いことでもあり、恐れ入りますがご容赦いただけませんでしょうか。
 基本的に、ほとんどの中国製バイオリン(手塗りニスに限る)のボディ内面には、ニスの付着がございますが、性能的にはなんら問題はございませんので、ご安心くださいませ。

 こういった内容につきましては、「生産国による特徴」もご参考いただけます。
 その後ご丁寧に、ゴミの詳細もお聞かせいただけました。お客様に心より感謝です。
 まず、染みがニスであることが分かり、安心しました。
 商品自体に不満はなく、ただ一点、その染みだけが異質で気になってメールさせていただきました。
 丁寧にご回答いただきありがとうございます。

 ゴミは無事に取り出せて特に問題はありませんでしたが、念のため詳細を書かせていただきます。
 小さな木屑ではなく、一見するとまるで毛髪の塊のように、真っ黒い繊維状の塊でした。
 取るときには、髪の毛だったらどうしようと緊張しましたが、それは髪ではなく、何か黒い繊維か、もしくは何らかの黒い固体を細く薄く削りだしたときに発生するような螺旋状に固まったものでした。細い繊維状のものが幾重にも螺旋状になっていました(うまく表現できないのですが)
 長さは2センチ以上でした。
 無事取り除くことができましたので問題はございませんが、今後のご参考にしてください。

 はい、ご指摘は真摯に受け止め、改善していくよう努力してまいります。様々な改善要望はかなり前から事あるごとに工房へ出し続け、実際に指導にも出向き、徐々に改善しております。更に一層の努力を継続することをお約束いたします。
 ご指摘の塊について、誠に申し訳ございません。
 想像する限りではありますが、例えばハーフリングの削り屑が丸まったものや、ニスを塗る際の黒色の刷毛が抜け落ちたことなどを想定いたします。
 取り除いていただいたようで、たいへんお手数をお掛けいたしました。
 ありがとうございました。
(このページの上へ)

▼雑音について▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 最近演奏していると、楽器の音と同時に、弓(中央付近)からスースーといった音が聞こえてきます。
 弓に問題があると思いましたが、見たところ何も問題はなく、松脂を塗り直してもさほど効果がありません。
 どうしたらよいのかわからず連絡しました。よろしくおねがいします。
 特に低音部で感じられる「スースー」といった雑音につきましては、次の内容が考えられます。
 スースーとするような音につきましては、弓毛と弦が擦れ合う音のことをご指摘いただいているのではと思います。
 それを前提として以下に詳しくご説明させていただきます。
 特にG線、またD線を弾く際に、バイオリンボディからというよりも、おっしゃるように弓から「スー」「コー」「ジー」「ズー」といった感じに聞こえます。
 弦を擦って演奏するバイオリンはそういった楽器でございまして、弦の音とは別に、かすれたような音が一緒にしますが、これは、弓毛と弦が擦れ合う音です。
 ボーイング技術の向上によってもある程度は改善されますが、演奏者ご本人様はもちろん、近くで聞くほどその音は確認されやすいです。
 おそらく以前から聞こえていたのではと思いますが、松脂の塗り過ぎや固着により、その音が目立つようになったのではとも考えられます。
 ひょっとすると、弓が滑るか、異音が気になってひっかかりを良くするために松脂を塗り、結果として松脂の塗り過ぎになってしまったかも知れません。
 毛に松脂が付きすぎると毛と弦との間が松脂の粒子だらけになってしまい余計に滑ってしまいます。
 パチンコ玉を敷き詰めた床を歩くようなイメージです。
 また松脂の粒子そのもののためにざらついた音色になってしまいます。
 もしその場合には、毛の松脂を拭き取るのは毛を傷める恐れがありますのでお薦め出来ません。
 弾きながら落としていくことになります。
 また、弦に松脂の層が固着してしまうと、毛が弦にひっかからりづらくなり、スーといった音が出やすくなりますが、これはストリングクリーナーで除去することが有効です。
 毎回の練習後すぐに弦に付着した松脂を乾拭きで拭き取ればある程度予防もできます。
 気になる雑音等がございましたら、どうぞ遠慮なくご相談ください。症状によって、考えられることも変わりますので、できるだけ詳しい症状をお聞かせいただければ幸いです。  本件も「お叱りの声」というわけではありませんが、同様の音を気にされているお客様もいらっしゃるかもしれないと思いまして、本ページに掲載しました。
 こういった音に関する疑問をすっきり解決できるようなHP構成も今後ぜひ検討していきたいと思います。
(このページの上へ)

▼分数バイオリンのサイズについて▼
 分数バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 商品がとどきましたが、指定したサイズよりも小さくて困っています。
 今まで使っていたワンサイズ下のスズキバイオリンより、一回り大きい程度です。
 そのスズキバイオリンを基準として、ワンサイズ上のバイオリンを注文したのですが・・・。
 もう少し大きいサイズが欲しかったのですが、なんとか交換していただけませんでしょうか。
 まだ届いたばかりで、構えただけです。弓も松脂も使っていません。
 サイズが合わなかったようで恐縮です。サイズ選択におけるご説明をさせていただくと同時に、ご使用前ということでしたので、交換のご提案をさせていただきました。
 サイズが合いませんでしたでしょうか。恐縮でございます。
 今後のためにも、まずサイズについてご説明させていただきたいのですが、今回お買い上げいただいた商品の1/10サイズが特異に小さいわけではございません。
 スズキバイオリンの一部サイズは、他メーカーバイオリンの一般的な寸法と異なる傾向もありますので、例えばスズキバイオリンからのサイズアップによる買い替えなどの場合には注意が必要となります。
 それらのより詳しい内容も含め、分数サイズの選択をお間違えの無いよう、必ず「サイズ」をご覧いただいた上でお選びいただくことをお願いしています。
 そのページには、当店が考え得る最良の選択方法をご案内させていただいています。

 さて、今回お送りした商品ではサイズが小さすぎるようですので、ワンサイズ上の1/8サイズへの交換をご希望されますでしょうか。
 本来はお客様のご都合による交換はお受けしていませんが、まだ未使用のようですし、交換させていただきますのでご安心ください。
 それでは、交換方法についてご案内いたします。
(以下省略)

 子供用分数バイオリンをご注文いただける際には、「サイズ」を覧いただければ幸いです。それでもお間違えになられることもあるかと思います。当店では、お客様の立場になり、臨機応変な対応をさせていただくよう心掛けております。サイズ間違いにつきましては、ご使用前でしたらご相談の上で交換させていただいています。どうぞ遠慮なくご相談ください。
 お客様に交換のお手間を取らせないよう、できるだけはじめからご希望のピッタリサイズをお求めいただけるよう、一層の知恵を絞っていきたいと思います。
(このページの上へ)

▼注文した商品とは違うものが届いた▼
 弦などの小物類をお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 先ほど届きましたが、内容が間違っていると思います。
 納品書も前のメールもチェックしましたが、バイオリン弦ドミナントの≪1/2サイズ用≫を間違いなく注文していますが、届いた弦は、パッケージに分数の表記が無いので≪4/4サイズ用≫だと思います。
 ご確認ください。
 誠に申し訳ございません。梱包ミスによるものです。次の回答をさせていただきました。
 このたびは間違った商品をお届けしてしまい、心よりお詫び申し上げます。
 誠に申し訳ございません。
 当店の在庫管理状況を確認しましたところ、やはり1/2サイズ用が1セット多く、4/4サイズ用が1セット不足していることが判明しましたので、商品梱包時におっしゃるとおりの間違いをしてしまったようです。
 つきましては早速本日、「1/2サイズ用の弦」を当店より追加発送させていただきます。
 その荷物に、返送用の当店宛て「送料着払い発送伝票」を添付いたします。
 お届けの際にその場で、その伝票を利用し、現在お手持ちの「4/4サイズ用の弦」を宅配員へお渡ください。
 お届け予定は○○日になりますが、発送後にはまたお荷物番号等をご連絡いたします。
 お手を煩わせてしまい、誠に恐縮でございます。
 重ねてお詫び申し上げます。
 以上の内容にて、商品の交換をさせていただきました。再度お受け取りなどのお手数をお掛けして本当に申し訳ございませんでした。
 先ほど交換品が届きました。
 今回は間違いなく≪1/2サイズ用≫でした。
 迅速丁寧な対応で、とても信頼できるお店だと分かりました。
 また利用させていただきます。
 私どもの初歩的なミスにもかかわらず、ありがたいお言葉をいただき恐縮です。これを機に、お届けする商品を二度と間違えないよう、梱包内容物は複数名のスタッフによる、何重ものチェック体制を徹底しました。今後も決して忘れることなく、細心の注意を払いたいと思います。
(このページの上へ)

▼お届けした商品の不足▼
 バイオリンセットと合わせて小物類を代金引換にてお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 先日、バイオリンとセット弦と教則本を注文した者です。
 バイオリン本体は届いたのですが、セット弦と教則本が同梱されていないにも関わらず、その金額分も着払いで払わされるというのはどういうことですか?
 すぐに返事を下さい。
 梱包場所が分かりにくかったようで、誠に申し訳ございません。弦や教則本のように形が「薄い」ものは、バイオリンケースポケットに収納させていただいていることを回答させていただきました。
 発送後のメールでもご案内させていただいた「楽器が届いたら」に示すとおり、合わせてご注文いただいた小物類は、その大きさによっては、バイオリンケース内に収納していることもあれば、バイオリンケース外に収納することもございます。
 今回、合わせてご注文いただいた教則本と弦は、バイオリンケースのサイドポケットに収納させていただきましたのでご確認ください。
 すると、無事にご確認いただけたようで安心いたしました。
 今、家の者に確認させましたところ、確かに入っていたということでした。
 私は外出中なので、発送メール内容の確認をしないまま、受け取りは家の者がしたもので、確認ができませんでした。申し訳ありません。
 明細書、納品書などに補足の説明があればと思いました。
 お手数かけました。
 メールとHPだけでのご案内では、梱包場所が分かりにくかったことを反省します。これを機に、分かりにくそうな梱包物は、商品に添付するご挨拶状に手書きでご案内するよう心掛けています。貴重なご意見ありがとうございました。
(このページの上へ)

▼仕様が以前と違う▼
 分数バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 子供が通っている教室では、以前バイオリンパレットで購入した同じタイプの楽器があります。
 今回送っていただいた楽器と比較すると、いろいろと違う点があります。
 ・あご当てが短く(小さく)、金具部分の色もシルバーで違います。
 ・付属の肩当の種類が違います。
 ・付属の松脂の種類が違います。
 ・弓毛の量も少ないような気がします。
 商品が間違っているのではないでしょうか。同じ商品への交換を希望しますので、早急にご対応の程、よろしくお願いいたします。
 ご心配をお掛けしてしまいまして誠に申し訳ございません。次の回答をさせていただきました。
 まずあご当てにつきまして、商品詳細ページにも表記しているとおり、1/4サイズのあご当ては、テールピースをまたがないタイプになります。金具もシルバー色で正解ですのでご安心ください。
 以前は、全サイズともテールピースをまたぐタイプを装着していまして、その頃にお買い上げいただいた楽器をご覧いただいたのではと思います。
 そのあご当てでは、お子様の体格上、構えにくいといったご意見が圧倒的に多かったため、現在1/2サイズ以下は、あえてテールピースをまたがないタイプを採用するよう、仕様を変更させていただいております。

 肩当につきましても、商品詳細ページに表記しているとおり、FOM木製で間違いございませんのでご安心ください。
 以前は、肩当FOMを付属させていた時期がございますので、それをご覧いただいたのではと思います。
 VN-60の「Bセット」を新規設定するにあたり、FOM木製を採用させていただいております。

 松脂につきましても、以前ハイダージンの12VJ(定価630円)を付けていましたが、セット内容のグレードアップとして、現在は商品詳細ページに表記しているとおり、ラウバッハ(定価2730円)をお付けしています

 弓毛の量につきましては、製造ロットによりバラツキがございます。
 多ければ良いといったものでもなく、近年では少なめが好まれる傾向もございますが、特にこだわりがございましたら、毛替えのご依頼をいただく際には、弓毛の量について多め、少なめのご要望もお受けできます。

 いずれにしましても、お買い上げいただいた商品に間違いはございませんので、どうぞご安心くださいませ。

 ご心配をお掛けしてしまったことを反省します。各商品とも、楽器の仕様変更、付属品の変更、場合によっては販売価格の変更の可能性さえもあり得ますので、ご注文の際にはHPの商品詳細ページをご覧いただければ幸いです。より分かりやすい商品説明をご案内できるよう、一層の努力に励みます。
(このページの上へ)

▼仕様がHPと違う▼
 バイオリンケースをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 届いた商品を確認しましたところ、ストレート弦の収納パイプも、そのパイプの取り付け金具すらも付いていませんでした。
 今回の不良品について考えました結果、どうしても中国製品に対する疑念が払拭できませんので、もう少し高額でもドイツ製またはフランス製のケースにするかを検討しますので、お支払いした代金は一旦、全額返金していただきたく存じます。
 ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。謹んで返品をお受けすべく、次の回答をさせていただきました。
 写真まで撮影いただき恐れ入ります。
 当店の在庫も開いて確認しましたが、おっしゃるとおりパイプが付いていませんでした。
 メーカーに確認しましたが、発売当初はパイプ付だったものの、不用との声が多く、途中からパイプが廃止になった経緯があるとのことでした。
 メーカーからそういった仕様変更の連絡がなかったとはいえ、なにより、私どものチェック不足によりこのようなことになってしまい、誠に申し訳ございませんでした。
 HPの表記と異なりますので、○○様のご希望どおり、謹んで返品を受けさせていただきます。

 ストレート状のガット弦を収納できるパイプをご活用なさるようですので、楽器も相応に良いものをお持ちのこととお察しいたします。
 そのため、おっしゃるとおりケースも良いものを使用されることが適切ではと存じます。

 今回、○○様からご指摘をいただかなければ、誤った表記のまま販売を続けてしまうところでした。
 早速HPの掲載写真も差し替えましたが、このたびは本当に申し訳ございませんでした。

 ストレート弦収納パイプを使用される方は少なく、正直のところ注意が行き届いていませんでした。深く深く反省いたします。今後一層、細心の注意を払っていきたいと考えますが、もし間違いがございましたら、責任を持って対応させていただきますので、どうぞ遠慮なくご指摘ください。
(このページの上へ)

▼弦の仕様について▼
 ガット弦をお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 本日納品されたバイオリン弦(セット品)の件でメールいたします。
 注文した商品は全て「ボールエンド」のつもりで発注しましたが、納品された弦は、E線A線がボールで、D線G線がループでした。
 御社のバイオリン弦のセット品は、これが標準なのですか?
 購入前に確かめるべきでしたが、サイト上には特に表記がなかったので、まさかボールとループが混在しているとは思いませんでした。
 もし御社に在庫があるならば「ボールエンド」へ交換願いたいです。
 では、寛大な対応をお願いします。
 一部ガット弦の仕様について、誤解を招いてしまったようです。申し訳ございません。次の回答をさせていただきました。
 多くのガット弦のDG線につきましては、ボール状の金属が付いているわけではなく、結び目が付いていまして、その部分をテールピースの穴に入れて使用するものでございます。
 結び目の先は、おっしゃるとおりループ状にも見受けられますが、それで正常ですのでご安心ください。
 ご参考に本件は、ピラストロ社のガット弦オリーブ、オイドクサ、ゴールドが該当いたします。
 ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。このような誤解が起こらないよう、将来的には弦一本一本の写真掲載なども検討していきたいと思います。
(このページの上へ)

▼駒の位置について▼
 分数バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 バイオリンのテールピースが曲がっていて、弦と駒が指板に対して完全に左に寄っています。
 つまりG線が指板から飛び出しそうな程、左に寄ってしまっている状態です。
 計ってみるとテールピースの右側が4.5cm、左側が4.2cmで「3mm左寄り」です。
 また、駒はテールピースに合わせているのか、f字孔から測ると右側が1.2cm、左側が1.0cmで「2mm左寄り」です。
 もちろん他の弦も同じように、連れ立って左に寄っています。
 テールピースが曲がっていることは、目で見てはっきりわかります。
 ちなみに駒と楽器の触れるボディ部分に、駒を左に少しずらしたような跡が残っています。
 最初、指板が曲がっているのかとも思いましたが、これは計ってみたところ、左右対称のようです。
 駒を真ん中に戻せばよいのかとも思いましたが、御社にて調整や弦の張り替えをしていただいているのですから、これが最善の状態なのであろうと思いますし、勝手に動かすより、まずは伺ってみようと思い、当方としては何もいじらないままでおります。

 直接、お見せして説明できないので、うまく伝わるのか心配ですが、明らかに曲がっていてとても不安です。
 ニスの塗りも美しく、子供も喜んでおりますだけに残念です。
 初期不良なのかお返事いただきたく、よろしくご対応お願い申し上げます。以上

 駒の位置がずれたことについてのご相談をいただきましたが、状況を詳しくお聞かせいただきありがとうございます。次の回答をさせていただきました。
 駒は接着されているわけではございませんので、正規の位置からずれてしまうことがございます。
 発送前の最終チェック時には、もちろん正しい位置で、楽器が破損しないための弦の張力にて梱包いたしておりますが、今回、輸送時の振動や衝撃により、駒が滑ってずれてしまったことと存じます。
 調整は間違いなく行っていますので、位置を修正いただければ正しくお使いいただけますのでご安心ください。
 「駒について」をご覧いただいた上、駒の位置をずらしていただきたくお願い申し上げます。
 駒の位置がずれたり、傾いたりすることは、どのバイオリンでもよくあることですので、ぜひとも定期的に駒の状態をチェックする習慣をつけましょう。
 ご丁寧かつ迅速にお返事いただきまして有難うございました。
 早速、ご案内いただいたページを参考にしながら、駒を正しい位置に直してみました。
 左右ともf字孔から1.1cmの位置になり、駒足の部分もぴったりと楽器の表板に着いた状態になりました。
 ネットで楽器を購入するのは少し勇気がいりましたが、このようにご対応いただけて、こちらで購入して良かったと思います。
 色々言いながらも、既にこの楽器に愛着が湧いてきています。
 自分がイメージしていた分数楽器の音よりもずっとちゃんと鳴りますし、木やニスの感じも素敵だと思います。
 子供が続けてくれたら、また次の楽器もお願いするつもりです。
 色々とどうもありがとうございました。
 うれしいコメントまでいただき心より感謝です。ご不明な点につきましては、解決に至るまでじっくりとご相談させていただきますのでよろしくお願いします。
(このページの上へ)

▼ケースの初期不良▼
 バイオリンケースをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 本日到着のバイオリンケースについて、粗悪品につきクーリングオフ(返品、返金)を希望させて頂きます。
 理由は、ケース内部の布地の剥がれと、内部湿度計の破損。
 とても気持ち良く使用できる状態ではありません。
 早急かつ誠実な対応をお願い致します。
 誠に申し訳ございません。次の回答をさせていただきました。
 お買い上げいただきましたケースの件、布地が剥がれ、及び湿度計が破損していたとのことで、誠に申し訳ございません。
 深くお詫び申し上げます。
 中国製の低価格帯ケースでは、たしかに作りや仕上げは丁寧とは言えず、私どもとしましても検品は欠かさず行い、メーカーより入荷したケースは実際に蓋を開き、湿度計についても作動することまでを確認いたしております。
 その際には気付きませんでしたが、例えばリングの取り付けが弱かったなどの状態で、輸送時の振動を受け、ちょうどお届け後のタイミングで外れてしまったなどの原因が想定されます。
 商品の初期不良に該当しますので、システム案内の販売規約に基づきまして、ご希望どおり「返品」を謹んでお受けさせていただきますのでご安心くださいませ。
 と原因と返品をお受けする旨をご案内しました。
 ご連絡受け安心しました。
 ケースは今日着払いにて送らせて頂きます。
 対応宜しくお願いします。
 ヴァイオリンケースが届くのを楽しみに待っておりましただけに、期待がはずれ残念です。
 ごもっともです・・・。ご期待を裏切ってしまうようなことになり、ただただ、申し訳なく、深くお詫び申し上げます。
 本日ご指定の口座へ返金をさせていただきました。
 商品も早速ご返送いただきましたようで、お手数をお掛けいたしました。
 今回のような湿度計の破損につきまして 私どもの至らなさにより、お客様が失望されるお気持ち、また商品や当店に対する信用を無くされるお気持ちも、重々、重々承知いたしております。
 当店オープン当初からの目標の一つでもありますが、お客様に喜んでいただける商品のみをお届けできるよう、検品方法の見直しをはじめ、今後もより一層の努力をしていきたいと思っています。
 このたびは誠に申し訳ございませんでした。
(このページの上へ)

▼ケースの臭いについて▼
 バイオリンケースをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 本日、確かにバイオリンケースを受け取りました。
 早速開封し、注文どおりであることを確認いたしました。
 しかしながら、ケースを開きましたところ、臭いが気になりました。
 現在開けっ放しにしてありますが、今のところ消えそうには思えません。
 お酢と湿布薬の混ざったような臭いです。
 これは素材によるものでしょうか。
 しぱらくしたら消えるでしょうか。
 お手数ですが、お返事をお願い致します。
 誠に申し訳ございません。次の回答をさせていただきました。
 少しツンとくるような臭いですね。
 ケースの生地に付けられる接着剤の臭いのことをご指摘いただいているかと存じますが、価格帯やメーカー等に関係なく、製作及び入荷のタイミングによっては、多くの新品ケースでそのように臭うことがございます。
 当店でも検品時に気になるものは、ふたを開けて風通しの良い所に一日置いていますが、それだけでもかなり改善されます。
 そのままお使いいただいても数ヶ月もすれば次第に消えますが、同じくふたを開けて風通しの良い所に長時間置いていただければ、早期に臭いはおさまってきます。
 臭う度合いはお客様の主観や個人差にもよりますが、あまり気になるようでしたら、ケースの内装生地にファブリーズなどの消臭剤をお使いいただくのも有効でございます。
 ご納得をいただきました。誠にありがとうございます。
 早速のお返事を有り難うございました。
 接着剤臭とのことで、原因がわかり安心しました。
 しばらく開けた状態で置いておきたいと思います。
 有り難うございました。
 たとえ上質なケースであっても、製造国や価格帯などにもよらず、新品のケースでは、こういった臭いが気になることがあると思います。新しい間だけですので、ご容赦いただければ幸いですが、どうぞ遠慮なくご相談ください。
(このページの上へ)

▼エレキバイオリンの作り(仕上げ)について▼
 エレキバイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 先ほど商品が届きまして、確認しました。
 ボディの塗装表面について、光の加減によっては、擦れたような細かい傷がたくさんあることが気になっています。
 また、ネック部分の塗装も、カラーの部分と白木の部分の間が雑に感じますし、ネックと指板の境目も、指板の黒い塗装が少しはみ出ている箇所があります。
 こんなのもなのでしょうか。
 申し訳ございません。誠に心苦しかったのですが、次のご説明とご提案をさせていただきました。
 ご満足いただけずに申し訳ございません。
 ご指摘いただきましたとおり、中国製低価格帯商品では細部の仕上げが劣ります(「生産国による特徴」参照)。
 特にブラックではそういった点が目立つ傾向がありますが、実際にはどのカラーも同じです。
 メーカーにて良品と判断されたものであっても、当店独自のより厳しい検品基準で判断し、合格した商品のみを用意させていただいていますが、残念ながらそれでもやはり、完璧にきれいなものは望めないのが実状でございます。

 細かい線状の擦ったような跡は、製造工場にて塗装のバフ仕上げをする際に付く跡でございまして、おっしゃるとおり、楽器に光を当てながらいろいろな角度で見ると、光の加減によっては目立つ印象を持たれることと存じます。
 また、おっしゃるとおり、塗装技術が劣るために、ネック部分のカラーはきれいなグラデーションでもなく、きれいな境界にもなっておりません。
 指板とネックの境界の仕上げも、その間の接着剤と仕上げの関係上、指板の黒染め塗料とネックのラッカー塗装それぞれのマスキングが不適切であることなどから、そういった仕上げになってしまっています。

 例えば、日本の電化製品や家具のように、ピカピカにきれいな状態をイメージされていた場合には、がっかりさせてしまったことと思います。
 本当に申し訳ございません。
 仕上げが細部まで美しいエレキバイオリンとなりますと、YAMAHAの商品のみとなることをエレキバイオリンについて」にもご案内させていただいています。
 差額を頂戴することにはなりますが、もしよろしければ、YAMAHAの商品と交換させていただくことを特別にお受けさせていただきますがいかがでしょうか。
 恐れ入りますがご検討のほど、よろしくお願いいたします。

 すると、次のお返事をいただきました。誠に恐縮です。
 すばやいお返事と詳しいご説明をありがとうございました。
 商品自体はとても気に入っていますので、交換は結構です。
 お気遣いのご提案をいただきありがとうございました。
 実状はよく理解できましたが、ここは日本です。今後ぜひとも改善いただきたいと願います。
 御社の更なる発展をお祈りします。
 ご指摘はごもっともでございます。商品の外観から受ける印象は、個人の主観によるところも大きいのですが、抱かれていたイメージからかけ離れていれば、失望させてしまうこともあるかと思います。そういったことを少しでも減らせるよう、サイト表記なども含め、一層工夫していきたいと考えています。
 誠に恐縮でございます。
 コストパフォーマンスに優れる中国製品の最大の欠点として、この課題を改善すべく以前から努力していますが、なかなか遠く至らず、歯がゆく思っております。
 そのため現時点では、外観上は劣る旨のご案内をやむなくHPにさせていただいていますが、将来的には外観が劣ることなくおすすめできるよう、○○様からいただいたお言葉も厳粛に受け止め、一層の努力に励みたく存じます。
 どうぞこれに懲りず、何卒今後ともよろしくお願い申し上げます。
 低価格帯のエレキバイオリンが圧倒的に多くのお客様にご満足と支持をいただいている一方で、こういったご意見も実際にあったことを正直に公開します。当店では、決して誇張した表現にならないよう、HP表記には気を付けていますが、失望させて本当に申し訳なく思います。仕上げの丁寧さが劣ることは、本商品に限らず、低価格帯商品の宿命とも言えることですが、引き続き改善努力していく所存です。
(このページの上へ)

▼付属の電池について▼
 エレキバイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 実は電池を入れても電源ランプが点灯せず、ヘッドホンからも音が聞こえないのです。
 電池はプラスマイナスを合わせて入れているのですが・・・。
 操作状況の確認をさせていただくべく、次の回答をさせていただきました。
 電源の状態は、発送前の検品調整時に、間違いなく異常のないことを確認いたしておりますが、電池を正しく入れて、電源スイッチを「ON」に切り替えれば、真横の電源ランプが点灯いたします。
 いつから電源が入らなくなりましたでしょうか。
 単なる操作ミスでの事例もかなり多いため、確認させていただいたのですが、残念ながら・・・。
 ご返信ありがとうございます。
 確認しましたが、やはり点灯しません。
 ここから私どもの大きな対応ミスがあります。お届けから10日ほど経過していましたし、お届け直後は電源は入り正常にお使いいただいていたものと、てっきり思いこんでしまい・・・。
 ご希望でしたら、保証規約に基づき無償修理をお受けすることも可能でございます。
(以下省略)
 しかし、実際にはお届け直後から電源は入らず、ただ単に、付属する電池の不良であったようでした。
 エレキバイオリンの電源が入らない件でご相談させていただきましたが、電池を替えたところ無事に点灯いたしました。
 「検品調整等して」ということでしたが、電池のほうも検品していただいたのでしょうか?
 また、相談のご返答では電池のことには一切触れずに、受け取った後のトラブルのようにお話されていたことに、少々腹立たしさを感じております。
 せっかくこれから練習して・・・と意気込んでいたところでしたので、御社の対応を残念に思います。
 今後、このようなことがないように配慮いただきたいと思います。
 ごもっともです。販売店として思慮が足りませんでした。ただただ、深く反省し、深くお詫び申し上げます。
 このたびは、お気を悪くさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。

 付属の電池については、パックされていますし、弊社にて検品はいたしておりません。
 まさか電池に問題があったとは気付かず、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

 本件について当初お問い合わせをいただいた際、お届けから10日ほどの日数が経過していましたので、それまでの間は正常であったかどうかを確認させていただくべく、担当者の方から、「いつから電源が入らなくなりましたでしょうか。」と聞かせていただきました。
 もしはじめから電源が入らなかったのでしたら、7日間を過ぎていますが、臨機応変に対処させてこうと考えておりました。  しかしそれについてはご返答をいただけませんでしたので、経過期間を踏まえ、本来の対処方法である保証修理についての回答をさせていただいた次第でございます。

 いずれにしましても、配慮が足りず、誠に申し訳ございませんでした。

 これを機に、電池についても勉強し、様々な他の電化製品も含め、付属の電池はあくまでも動作テスト用の電池であることを理解し、電池単品の販売もスタートしました。本当に申し訳ございませんでした。
(このページの上へ)

▼f字孔あたりの浮き上がり▼
 チェロをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 ○○年○○月○○日昼過ぎに到着しました。
 査収しましたところ、不良品と認められますので返品したいと思います。
---不良箇所(画像添付しました)-------------------------------
 正面からみて右側のf字孔部分が不自然に浮き上がり、いびつな形をしている。
 常識的に、このf字孔部分は段差などあるはずはない。
 魂柱が長すぎてつっぱっていたり、無理な力がかかっているとしたら、いずれこの部分が割れる可能性がある。
 返品したいと思いますので返金の手続きをお願いします。
 至急、連絡ください。
 ご心配をお掛けして申し訳ございません。誤解を解かせていただきたく、次の回答をさせていただきました。
 右f字孔は、決して「常識的に、このf字孔部分は段差などあるはずはない」のではなく、むしろ逆に、段差が必ずできるものです。
 バイオリンのような小さな弦楽器でも必ずできます。
 段差ができる度合いは、それぞれの楽器の表板の材質特性や厚みなどによります。
 おっしゃるとおり、無理な力を掛けた状態では、特に低音部の響きを妨げてしまいますし、将来的に割れの原因にもなりかねません。
 逆に、弦を張った状態でも段差がまったくできないほど弱い力で立てている場合は、何らかのタイミングで、魂柱の位置がずれますし、倒れたりする原因にもなります。
 それぞれの楽器に合った状態にすることが重要です。
 いずれにしましても、不良ではございませんのでご安心ください。
 本件のご相談をいただくまで、私どもはあたりまえのように気にしたことがございませんでしたが、たしかに、ご存じなければかなり気になりますよね。ご相談いただき、心より感謝いたします。そんな気になる点はどうぞ遠慮なく当店へご相談ください。
(このページの上へ)

▼指板の剥がれ▼
 チェロをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 ○年の○月に御社にてチェロを購入しました○○の○○と申します。
 大変残念ですが、購入したチェロの件で今日驚いた事件がありました。
 それは、指板が突然剥がれ落ちたのです。
 これには本当に驚きました。
 価格が安かったとはいえ、購入して半年ほどしか経っていません。
 こういったことは、起こり得ることなのでしょうか。
 返品・交換を要求したくも、まさかこんなことが起こり得るとは予想だにしておりませんでしたので、購入時の記録(メール・領収証など)は全く残しておりません。
 今となっては、このことを心から後悔しております。
 私にとっては決して安い買い物ではなかったのに、こんなことが起きて非常に残念です。
 通信販売であるからこそ、御社に対してはなお一層徹底した品質管理を求めたいと思いますし、せめてメーカー側に対してこのような事態が起きていることを報告して、こういったことが今後起こらないように勤めていただきたいと考えます。
 誠意ある対応を心より願っております。
 突然指板が剥がれ落ちた時は、かなりびっくりしますよね。本当にお気持ちお察しいたします。次の回答をさせていただきました。
 バイオリンでもそうなのですが、指板が剥がれる故障は比較的よく起こる症状の一つです。
 バイオリン属弦楽器の指板の接着には、ボディの接着と同じく、ニカワが使われます。
 ニカワは水を使えば、すぐに溶ける性質を持ち、修理など行う際に、この性質を持つニカワはたいへん適した接着方法でございます。
 指板についても、例えば使っていくうちに凸凹になり、交換が必要になることがありますが、水を使うだけで簡単に剥がすことができるのです。
 しかしながら、この性質上、水分には十分な注意が必要で、この時期は湿気も多く、また汗がしみこむ事も剥がれる原因になります。
 修理はもちろん可能ですのでご安心ください。
(以下省略)
 こういったときにびっくりさせないようなHP構成も必要と感じ、努力していきたいと思います。なお当店では、単に商品を販売するだけでなく、修理もお受けしています(アフターサービス)ので、どうぞ遠慮なくご相談ください。
(このページの上へ)

▼弓が折れた(割れた)▼
 分数バイオリンセットをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 買ってからまだ一週間も経っていないのに、弓の先のほうが折れてしまいました。
 とてもショックです。
 落としたり変な使い方をした覚えもありません。
 返品か交換を希望しますので、早急にお返事ください。
 申し訳ございません。弓の損傷はびっくりしますよね。お気持ちは本当にお察しいたします。今回は次の回答をさせていただきました。
 本件をご理解いただくためには、どうしても長文となってしまい恐縮ですが、最後までお読みいただきたくお願い申し上げます。

 弓の先端(ヘッド)割れは、弓の修理依頼でも多い症状の一つです。
 こちら「弓について2」の下部にご案内する症状でよろしかったですね。
 どうしても、力がもっともかかる部分ですので、様々な要因により、木材の性質上割れてしまうことがあるのです。
 この様々な原因につきまして、いくつかを申し上げますと、

@弓毛を強く張りすぎてしまった。
A弓毛を適度に張っていても室内冷暖房によりスティックの反りが変化し、張りが強くなってしまった。
B弓毛を張ったままの状態でケースに収納してしまった。
C弓のヘッド部をどこかにコツンとぶつけてしまった。
D弓を落としてしまった。
E松脂を塗る際、必要以上に弓を押し付けてしまった。
F低価格帯の弓のため木材自体がもろく割れやすい。

 その他にもございますが、このように多数の原因によって起こり得る症状なのです。
 ただしもちろん、決して頻繁に割れるようなものではありません。
 今回のようなご報告をいただくことは、販売数全体の3%未満に過ぎない程度でございます。

 この症状について多くの場合には、上記の@〜Eなど、お取り扱い上による原因がほとんどですが、しかし、「正しく」「丁寧に」取り扱っていただいていたとしても絶対に割れないとは断言できませんし、当店では発送前に必ず弓の棹の強度試験も行っていますが割れ予測については限界がございます。
 そして、実状を申し上げますと、仮にもし上記の@〜Eが原因であっても、お互いにそれを証明できませんし、お客様が@〜Eに気付いておらず自然に折れたと思い込んでいる場合もありますし、一方では、お客様には何ら非は無く、実はもともと木材が弱っていて、今回のタイミングで折れてしまったことも完全に否定することはできません。
 そのため、残念ながら話し合いによる原因の特定が困難な症状と言えます。

 このことは、ほとんどの弦楽器店が抱えている悩みではありますが、一般的にはバイオリン本体の割れなどと同様、使用期間に関係なく、弓の割れについても一切なんら保証されないことが多いです。
 電化製品のようなメーカー保証特約もやはり基本的にはございません「メーカー保証は付いていますか?」参照)。

 特にセット商品に付属する安価な弓は折れやすくもあり、消耗品として見なされるのです。
 当店HPも一応、「仮にお買い上げいただいてから早期であっても有料修理となります」とのご案内をさせていただいています(「弓について2」参照)。

 しかしながら当店では、原因が上記@〜Eに当たることが判断できない場合には、かつ、お買い上げいただいてから一定の期間に限り、無条件にて特別に交換をさせていただいています。
 お客様のお取り扱いによる原因であったり、ある程度の期間を過ぎている場合には恐れ入りますが、交換はお受けできず、修理扱いとしてお受けするか、低価格帯の弓でしたら消耗品としてご理解をお願いしています。

 以上、弓のヘッド割れの症状についてのご説明と、対応策のご案内をさせていただきました。

 さて、今回の対処といたしまして、○○様からお買い上げいただいてからの期間も踏まえ、特別に弓の交換をさせていただきますのでご安心ください。
 交換方法について以下に詳しくご案内します。
(以下省略)

 長文ですいません・・・。以上の内容にて弓の交換をさせていただきました。
 代替でお送りいただいた弓が届きました。
 すばやいお返事で安心できましたし、詳しくご説明いただき弓についての理解を深めました。
 しかも交換までしていただき、とても感激しています。
 ご説明いただいてから思い起こすと、松脂を塗るのに弓を押し付けすぎたのかもしれませんが、今回はお言葉に甘えさせていただきます。
 次回サイズアップもその次もずっと、絶対にバイオリンパレットさんで買いたいと思います。
 誠意ある対応をいただき本当にありがとうございました。
 こういった弓の先端割れのご相談はまれにございまして、弓のお取扱いには十分にお気を付けいただければと存じます。また、低価格帯のセット商品の付属弓では、定期的な毛替えにも不適切でして、消耗品としてのご理解いただければ幸いです。ともあれ、私どもの最低限かつ大きな責任として、弓のお取扱い、お手入れ、管理方法などについて、より分かりやすいHP構成を検討していきたいと思います。なお、この症状については、上記のように臨機応変な対応をさせていただいていますので、まずはどうぞ遠慮なくご相談いただければと存じます。
(このページの上へ)

▼当店の対応内容について▼
 本ページをご覧いただいたお客様より、次のお叱りをいただきました。

 「お叱りの声」のところに、弓が折れたので交換してほしいという声があったのですが。疑問があります。
 まず、普通ならば弓の交換をしないのになぜ特別にその方だけに交換をしたのか、それはおかしいと思いますが。どうなのでしょうか?
 しかも、その方の子供が不適切に使ったのではないでしょうか?こちらの想像ですが。
 しかしどちらも状況がわからないまま、相手の頼みだけで交換するのは、公平な立場でならなければならない販売業ではあってはならないのではないのでしょうか?
 特別は許せません!!
 そんな店で買いたくなるような人が居るのでしょうか?
 守るべき事をしない店など!!
 はじめは少し驚きましたが、確かに一理あると思います。なにより、こういったご意見をわざわざお寄せいただけたことに、心より心より感謝いたします。次の回答をさせていただきました。
 貴重なご意見ありがとうございます。
 弓が折れた場合のご相談につきましては、原因の特定と証明が極めて困難であることから、メーカーによる保証は無いものの、当店では、お買い上げいただいてから一定期間内でしたらご相談させていただいた上で、交換させていただくこともございます。
 ご覧いただいた「お叱りの声」はその一例になりますが、著作権の観点から、実際にいただくメール内容とは若干異なります。
 いわゆる「お役所仕事」のように、ルールや規約のみを厳守したマニュアル対応とならないよう、一方で、大手通販のように「クレーム=即交換」といった業務効率化を図ることもなく、当店といたしましては、きちんと詳しくご説明した上で、楽器についてのご理解をいただき、そして次に「臨機応変な対応」をさせていただくといった販売スタイルを目指しております。
 大切なお客様が、せっかく興味を持っていただいたバイオリンという魅力的な楽器に対して、不快に感じてしまうことがなにより残念に思います。
 なにかトラブルが発生しても、逆にそれをきっかけにして、一層興味をお持ちいただき、一層お楽しみいただけるチャンスとなるよう、弦楽器通販店としての私どもがすべきこととして、結果たどり着いたスタンスでございます。
 ご理解いただければ幸いですが、いただきましたご意見は真摯に受け止め、HP構成にも反映していきたいと思います。ありがとうございました。
 もしかすると、すべてのお客様全員からご満足いただけるスタイルは存在しないのかもしれません・・・。それでも諦めず、理想の弦楽器通販店を目指し、努力していきます。
 その後一年ほど経過して、こんなメールをいただきました。
 かなり前になりますが、弓の交換のことについてメールを送った者です。回答は私は満足できる内容でした。
 あの時は言い過ぎました。申し訳ありません。
 私はリード楽器をやっていまして、リードは買ってからどんな事があろうと返品はまずありえなく、交換はほとんどないと言っていいでしょう。(よほどの不良品で無い限り)そのような、消耗品であり自然のものである以上のことを踏まえ。
 自然の材料である弓もそのようなものですよね、カーボンなどを除いて。そこで、あれ?と思って、メールさせていただきました。
 しかし、回答を頂いて、そこでのバイオリンパレット様の対応は素晴らしいものだと思いました。
 確かに、客全員が満足できるのは難しいと思います。しかし、それを目指すパレット様は素晴らしいと思いました。これからも、頑張ってくださいね。(^_^)
 次回バイオリン&小物を買うときは、パレット様で購入したくなりました。
 とてもとてもうれしかったです。優しいお心遣いに深く感謝します。
 わざわざご丁寧にありがとうございます。
 その節はたいへん貴重なご意見をいただけたと感謝しております。
 弓を交換すべきだったのかとの疑問を○○様にお持ちいただけたことが、私どもの立場をご理解いただけているようで、むしろ逆にうれしくさえ思いました。
 ですからどうかお気になさらないでください。本当にありがとうございました。
 今後ともバイオリンパレットをよろしくお願いいたします。
(このページの上へ)

▼配達時間帯指定について▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のご報告をいただきました。

 バイオリンが届いた日からかなり経っていますが、一つ気になる点がありましたのでメールを送らせていただきます。
 バイオリンの方は何の問題もなく良かったのですが、宅配便のドライバーさんが、希望した時間帯よりも早く届けに来たため、私の代わりに祖母が代金を支払うことになりました。
 そのドライバーさんは「指定の時間よりも早いですが、たまたまここを通りかかり、また来るのが面倒くさいので届けに来ました」と言ったそうです。
 「面倒くさい」とはどういうことでしょうか?
 これじゃあ配達時間帯指定の意味がないと思うのですが、しかも「面倒くさい」っていうのはなんですか?
 宅配便は届けるのが仕事なのに、同じ場所に2回行くのが面倒くさいって言うのはかなり無責任なんではないんでしょうか?
 ここにこんなこんな事言うのは変かもしれませんが、今度からはそういうことをきちんと守るドライバーの方に持ってきていただきたいと思います。
 失礼がございまして誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。次の回答をさせていただきました。
 運送会社の時間帯指定サービスは、その時間帯のお届けをお約束するものではなく、あくまでも目安としてのサービスになります。
 そのため、当店HP各所にも「交通事情等によりご希望に添えない場合もありますがご不在の場合は再配達されます」といった内容を表記させていただいています。
 宅配員の立場で想定すると、配達荷物のコースによっては、やむを得ずお届け時間帯をお客様とご相談させていただくことも少なくないと思います。
 しかしながら、おそらくはその点のご説明が不足し、不適切な発言があったのかもしれません。
 お気を悪くさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
 運送会社に代わり、心よりお詫び申し上げます。
 配達日時の指定は運送会社のサービスですが、荷物をお受け取りいただくまでの間も、当店が責任を持ちたいと考えております。「面倒くさい」は明らかに不適切ですよね。お気を悪くさせてしまい申し訳ございません。一方で、宅配というお仕事もさぞかし大変ですよね。ドライバーの皆さんご苦労様です。様々な天候や交通事情と限られた時間の中で、配達指定により何度も同じルートを往復したり・・・。私どもがお客様と運送会社との間でもお役に立てれば幸いですが、その点も今後の課題として、追求していきます。ご報告いただきありがとうございました。
(このページの上へ)

▼発送予定日の遅れについて▼
 あるお客様から、小物類のご注文をいただき、翌日の発送予定としてご注文確定のご案内をさせていただきました。

 このたびはご注文いただき誠にありがとうございます。
 本メールをもって、システム案内に基づいた受注契約確定とさせていただきます。
 ○○日に発送する予定ですが、発送後にはお荷物番号などをご連絡いたします。
≪ご注文の変更について≫
 本メールを送信した時点ですでに、ご注文いただいた内容にて発送準備作業を全力で進めています。
 そのため恐れ入りますが、ご注文内容の変更は極力ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
 どうしてもということでしたら特別にお受けしますが、変更希望内容をお知らせください。
 期限は発送予定日の14時までとさせていただきますが、それ以降に変更のご依頼をいただいても、一切お受けできませんのでご了承ください。
 また、変更内容やタイミングによっては、発送予定日が変更となることがありますのでご容赦くださいませ。
(一部省略)
 その後、ご注文商品を変更のご希望を4度もいただきました。当初ご案内した発送予定日の当日でしたが、かなり迷われていらっしゃると思い、お客様が後悔されないためにも、次のご案内をさせていただきました。
 いろいろと迷われていらっしゃることとお察しいたします。
 当店からは決して急かしませんので、どうぞゆっくりとご検討いただいてはと存じます。
 その上で、最終的な決断をいただけましたら、あらためてご入用とされるすべての商品をお聞かせくださいませ。
 それまで、ご注文は一旦保留とさせていただきますのでご安心ください。
 数日かかっても結構でございます。
 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
 すると、更なる変更のもと、あらためてのご注文をいただきました。その時点でのタイミングから、翌日発送予定の旨、受注確定メールを送信させていただきました。
 しかしながら、かなりお急ぎであったようで、次のようなお叱りを受けました。
 発送日の午後2時までなら、変更ができるとうたって、おきながら、本日中に送れないとは理不尽では、ないでしょうか?
 本日中に発送してください。信用なくしますよ。
 申し訳ございません。可能な限り迅速にお届けできるよう全力で努力していますが、その時点での最短の発送予定はどうしても翌日になってしまう状況でした。
 お電話も頂戴し、ご注文内容の変更により発送予定日は変更となる旨のご説明もさせていただきましたが、ご理解をいただけず、最後には「潰れればいい!あんたの会社なんか!」と切られてしまいました・・・。
 おそらく、どうしても早急に必要な状況であったのではとお気持ちをお察しします。せっかくご注文いただきましたところ、不快な思いをさせて本当に申し訳なく思います。
 ご注文内容の変更には納期が遅れる可能性があることをより分かりやすくご案内できるよう、検討してまいりたいと思います。
(このページの上へ)

▼糸巻きとエンドピンの調整について▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 一年程前にバイオリンセットを購入し、最近教室に通い始めました。
 そこで、楽器屋さんに指摘されたのですが、私のバイオリンの場合、ペグの反対側が5mmほど出っ張っておりまして、これは出過ぎだとのことなのです。
 先ほどこちらのホームページ上のこの商品の写真を拡大してみたのですが、その部分はほとんど出ていません。
 買った当初から気になっていたのですが、これでいいのでしょうか?
 もう一点指摘されたのは、エンドピンが普通より飛び出していて、しかも傾いていました。
 楽器屋さんに取り出してもらうと、穴に対してエンドピンが細いために緩すぎであり、しかもなんとセロハンテープで太さを調節してありました。
 こういうことはあることなのでしょうか?
 とても手抜きに感じたのですが。
 ご心配をお掛けして申し訳ございません。次の回答をさせていただきました。
 はい、初心者コラム「調整について」の項目にも、ちょうど一例として記載していますが、ペグの先端がペグボックスから少し突き出た状態になることもありますが、それは調整によりそのようになっているものです。
 更に詳しくご案内させていただきます。
 ペグの先は四本ともほぼ出口付近まで刺さっているのが正常というわけではございません。
 理想はペグの先がペグボックス内壁の中間あたりに位置するのが良いでしょう(将来的なペグ再調整のためです)。
 実際には各バイオリン、各ペグにおいて不規則で、他の箇所のバランスを踏まえて様々な状況に応じて調整を行いますので、出口付近のこともあれば、出口より中、また出口より出っ張ることもあります。
 重要なのはペグ先端の位置ではなく、テーパー(角度)がきちんと合っていて、他のペグ位置とのバランスなどを調整することです。
 たしかに出っ張りすぎているとチューニングしにくくなったり、見栄えの面でもよろしくはありませんが、当店では5mm程度の出っ張りはなんら問題ないと考えています。
 ペグが緩みやすいのは、ペグとペグボックスの材質や外気の状態などによりますが、「糸巻きについて」をご参考いただけます。

 次に、エンドピンは接着されているわけではございませんので、弦の交換時など、エンドピンが飛び出してくることもございます。
 バイオリン入荷時には、やはりエンドピン部分も、緩いこともあればきつくてしっかり奥までささらないこともございます。
 きつい場合には、エンドピンを削って調整しています。
 緩い場合には、削っていないエンドピンと交換し、穴に合わせてエンドピンを削るのが理想ではありますが、ペグのように厳密な調整が必要な箇所ではありませんので、短冊状の専用紙をエンドピンに巻きつけることなどにより対処しています。
 「セロハンテープ」ではございません。
 なお、これも糸巻きと同じく、「お値打ちに販売できる範囲内」の調整内容になるのですが、誠に恐縮ですが手抜きの調整とは考えておりません。
 どうぞご安心くださいませ。

 その後、ご納得いただけましたが、気になった点はどしどしお寄せくださいね。
 丁寧な説明ありがとうございました。
 初心者なもので、ちょっとしたコメントをもらうとすぐにどうしていいかわからなくなります。
 とにかく、今は楽器に難癖をつける前に、自分の技術を磨くことですね。
 頑張ります。ありがとうございました。
 難癖などとは思っておりません。楽器店や先生から何らかの問題を指摘されましたら、仮にちょっとしたことであってもびっくりしますし、とても気になりますよね。お気持ちはよく分かります。まずは遠慮なく当店へなんなりとご相談ください。信頼をいただける弦楽器店を目指し、一層の努力に励みます。
(このページの上へ)

▼他店にて不良と言われた▼
 バイオリンをお買い上げいただいたお客様より、次のお問い合わせをいただきました。

 今日、ある楽器店に行って、購入したバイオリンを見てもらいました。
 チューニングは良かったのですが、ネックと弦の間に隙間がなく、くっついた状態になっていたようです。
 短期間しかバイオリンに触っていないのに、とってもショックでした。
 とても心配です。他店へ楽器をお持ちいただいたようですが、具体的な症状が理解できず、まずは次の確認をさせていただきました。
 状況が分りかねますが、「ネックと弦の間に隙間がなく、くっついた状態」とおっしゃるのは、弦が指板にくっついてしまっているという意味でしょうか。
 しかしその状態では、音を出すことさえできませんので、チューニング自体が不可能ですが、、いかがでしょうか。
 また、どのポジションのあたりがくっついているのでしょうか。
 駒や上駒の状態や、他の弦についてはいかがでしょうか。
 ご希望でしたら、もちろん当店にて診させていただくことも可能です。
 どういうわけか、他店から更に次のご指摘を受けたとのことで、お気持ちを本当にお察しします・・・。
 ○○の○○楽器さんにバイオリンを送って見てもらったところ、指板の逆反りがひどく、かなり削ることになり、その他にも駒の高さが規定以上の高さであることがわかりました。
 かなり削ることにより指板の強度の問題もあるため、このような状態は十分返品の対象になるとのことでした。
 そちらより購入してから自宅で保管していましたし、何か無理のかかるようなことは一切していませんし、バイオリンに触ったのも10日程度です。
 私は初心者なのでうまく説明できていないかもしれませんが、このような回答がありましたのでバイオリンパレットさんの誠意ある回答をお願いいたします。
 ○○楽器さんの指摘内容は極めて理解しがたく、なにより、がっかりされたお客様のお気持ちを想うと残念でなりません・・・。
 先日申し上げましたとおり、当店は責任を持ってお客様へアフターサービスを提供させていただきますのでご安心ください。
 ご希望でしたら楽器を診させていただき、必要であれば規定の対処をさせていただきます。
 なお、指板も駒も、もちろん当店にて調整させていただいています。
 「指板の逆ぞり」とは凹状ではなく、ありえないものの、凸状になっているとのご指摘でしょうか。
 「駒の高さ規定」とは、駒のどの部分についての、いかほどの寸法をご指摘いただいているのでしょうか。
 駒はそれぞれの楽器の状態における様々な条件をもとに、適した形に加工しますが、「規定」というものはもともと存在しません。
 また、もしご指摘にように駒が高すぎるとすれば、弦高も高くなることと思いますが、以前のご指摘では「ネックと弦の間に隙間がない」とのことでしたので、現時点で実際の状況を理解することが困難です。
 少なくとも、当店の調整時には、演奏しやすいよう、また発音にも有効な状態になるよう、適した弦高にさせていただいています。
 ただ、バイオリンは木工楽器ですので、仮に正しくお使いいただいていても、何らかの問題が発生する可能性が否定できない楽器でございます。
 そういったことも踏まえた上で、当店では様々な対処をさせていただいていますが、まずは楽器を診させていただけませんでしょうか。
 残念ながらその後はお返事をいただけませんでした。他店から私どもがどのように言われても構いませんが、お客様が傷付くのが本当に本当に残念でなりません。力不足を痛感しました。最後までお役に立てず、申し訳ございません。どうすればすべてのお客様から信頼をいただけるか、理想的な弦楽器通販店を目指し、一層の努力に励む決意に至りました。日々勉強です。
(このページの上へ)

▼弓毛が2本切れていた▼
 バイオリンセットをお買い上げいただいたお客様より、次のご報告をいただきました。

 楽器自体は特に問題はありませんでしたが、付属弓の毛が、2本も切れいていました。
 弓を取り出す前の状態で、すでに切れていましたので、梱包時気付かないはずがありません。
 梱包担当の○○さんは、よほど目が悪いのですか?
 練習を休むわけにもいかず、仕方なく切れた2本の糸をはさみで根元から切り使用しましたが、本体ではないにせよ、気分は悪かったです。
 値段は安いのかもしれませんが、付属品とはいえ商品に目が行き届かない会社なんだなと認識させていただきました。
 届いた荷物を開封するときが一番わくわくする瞬間であることは重々承知していますが、その瞬間から気分を害されてしまい、がっかりされたお気持ちを本当にお察しいたします。次の回答をさせていただきました。
 不快な思いをさせてしまったようで申し訳ございません。
 お買い上げいただいた商品に限らず、特に新品の弓毛は、何もしなくても抜けたり切れたりする傾向がございます。
 梱包後に抜けることもございますが、いずれにしましても、次第におさまりますのでご安心ください。
 「弓について2」にも詳しくご案内しておりますので、よろしければご参考くださいませ。
 弓毛の性質上、また、それが楔で固定されている弓の構造上、仕方なくどうしても起こり得ることではありますが、ご理解いただければ幸いです。今回のように大切なお客様をいきなり失望させないよう、私どもがどうすべきかを考えてまいりたいと思います。
(このページの上へ)
バイオリンパレット お客様の声